教えて!工場勤務で良かった点は?

外部から嫌なことがもたらされることが少ない

工場での仕事は体力を意外と使いますし、精神的にも大変ですが、一方でいいこともたくさんあります。たとえば、どのようなことがあるかというと、まず、嫌なアクシデントが比較的起きにくいです。接客の場合、いろいろな人とかかわるので、客から突然クレームをつけられたりといったことがありますが、工場での仕事は、いつも同じメンバー構成で同じものをひたすら作っていくので、仕事のミス以外で嫌なことはほとんど起きません。また、仕事中は黙々と作業をするので人間関係はあまり濃くならず、そういった点でも人間関係で問題が起きることは少ないです。
以前の職場で、人間関係がこじれて退職したという人であれば、かなり理想的な職場といえるでしょう。

スケジュールがきちんとしているので規則正しい生活を送れる

また、毎日、一定のスケジュールで仕事をこなしていくので非常に規則正しい生活を送ることができます。前の仕事をやめて、無職のまま仕事をしていたら不規則な生活を送るようになってしまったという人であれば、工場勤務は社会復帰を果たすためのいいリハビリになります。
完全に室内での仕事なので、天候にまったく左右されないのも工場勤務のいいところです。エアコンが効いていて、快適な場所で作業をすることができます。
大きな工場の場合は、最寄り駅から送迎バスを出してくれることもあります。なので、いつもは徒歩や自転車通勤であっても、雨や雪が降っているときだけバスを使うことも可能です。
それと、サービス業と違って従業員が一斉に休むことが可能なので、誰にも気兼ねすることなく、ゆったりとした気持ちでお盆休みを過ごすことができます。

© Copyright Quick Advice. All Rights Reserved.